スノーボードギア

BURTON SPEED ZONE レーシング ブーツの履き方、脱ぎ方

バートンのブーツを買いました!!
「スピードゾーンレーシング」という着脱システムがついているヤツです!

burtonozone

おニューのブーツってワクワクしますね!
見てるだけで早く滑りに行きたくなっちゃいます♪

バートンブーツ OZONEとは!中古?新品?

僕が買ったモデルは、
08-09 BURTON OZONE サイズ7.5(25.5㎝)です!

burtonブーツ

お気づきですか?今シーズンは2017-2018です、僕が買ったブーツは08-09モデル。
そうです、型落ちです、それも9年前のです。

だって最新のモデルは高いじゃないですか、4万とか5万とかするじゃないですか、
僕は新品のブーツを安く買いたかったんです。
そうなると型落ちしかありませんよね。

僕には行きつけのスノーボードショップがあって、そこでこのブーツを見つけました!
型落ちですが新品です!
半額以下の15,000円で手に入れました(^ ^)

ブーツを買うときは、試し履きしたほうが失敗しない

安く買おうと思えば、ネットで中古とかもありなんですが、ブーツに限ってはネットで買うのは、あまりオススメしません!
その理由は、試し履きができないからです。
ブーツはフィット感が命です、実際に履いてみて、きつくないか、指が当たらないか、痛いところはないか、などを確かめてから買ったほうが失敗しなくてすみます。

BURTON OZONEの特徴

僕が買ったブーツ、BURTON OZONE の特徴は何と言っても軽さです。
発売当初はBURTON史上最軽量のブーツだったそうです。
やわらかめだけど、しっかりサポートしてくれて、フィット感もいい、パークで遊ぶには最適なブーツです。
でも僕はパークでは遊ばないのですが・・

BURTON OZONEは「SPEED ZONE レーシング」という、かっこいい名前のついた着脱システムがついています。
なにやら一瞬でブーツを履けるシステムのようですが、僕はBURTONのブーツを買ったのはこれが初めてなんでやり方がわりません。
ボアのブーツも履いたことがなくて、昔ながらの紐を腕力でギューっと結ぶブーツしか履いたことがありません。
でも、ショップの店長が丁寧に教えてくれたので、履けるようになりました。

 

BURTON SPEED ZONE(バートンスピードゾーン) レーシング ブーツの履き方

まずこれを、ひっぱって紐をゆるめます。

中途半端ではなく、めいいっぱいひっぱって、紐をゆるめるのがコツ

burtonブーツ

 

ブーツを広げて、足を入れていきます。

burtonブーツ

burtonブーツ

 

ブーツのカカト部分をトントンしてカカトをフィットさせていきます。
カカトとブーツの間に隙間ができると、滑っている時に足がバタついて、パワーが板にうまく伝わりません。

burtonブーツ

 

インナーのタンを下に押し込んで足にフィットさせてマジックテープで止めます。
(僕が買ったブーツのインナーにはマジックテープがついてました)
足の甲からスネにかけてインナーがぴったりフィットすることで、パワーロスが減ってボードの操作性がアップします。

burtonブーツ

 

インナーの紐を引っ張って、インナーを締め付けていきます。
しっかりと締め付けます。

burtonブーツ

 

黄色いのを下に押し込んでいくと、インナーの紐がロックされます。
(ここらへんまでは普通のブーツと同じですね)

burtonブーツ

 

ここからがSPEED ZONE レーシングの真骨頂!
まずは内側の持ち手をもって、ギューン!とひっぱります!
すると、つま先の方の紐が締まります。

burtonブーツ

 

そのまま持ち手を後方にひくと、カチッと紐がロックされます。

burtonブーツ

 

次に外側の持ち手をもって、ギューン!とひっぱります!
今度は、スネの部分が締まります!
もっときつく締めたい場合は、タンを押し込みながら、紐をひっぱります。
しっかり締まったら、内側と同じように持ち手を後方へ引いてロックさせます。

burtonozone

 

持ち手の部分は、ブーツの両脇にポケットがあるので、そこに差し込みます。
でもなんか紐がダラ〜ンとしてて、かっこ悪い。

burtonozone

 

そんなときは持ち手に、あまった紐を巻きつけます。

burtonozone

 

これで収納すればスッキリです。
外側も同じように持ち手を収納してください。

burtonozone

 

これでバッチリ履けました!
あとは板を履いて滑るだけですね♪

burtonozone

 

BURTON SPEED ZONE (バートンスピードゾーン) レーシングブーツの脱ぎ方

脱ぎ方は、両サイドの紐を前にひっぱってロックを外します。

burtonozone

 

 

タンがパカッと開きます。

バートンブーツ

 

インナーの紐についてる黄色いやつに指を入れて引っ張り上げます。

バートンブーツ

 

すると、インナーもパカっと開いて脱げます。

バートンブーツ

burtonブーツ

 

脱いだ後は、紐を締めておきます。
紐がゆるんだまま、放置しておくとブーツの形が崩れてしまいます。
形が崩れないように紐は締めておきましょう。

バートンブーツ

 

SPEED ZONE レーシングは本当に早いのか?

たしかに、SPEED ZONE レーシングはギューン!と引っ張りあげれば一瞬でブーツが締まります。
だけど、もっとしっかり締めたいときはタンを押し付けながら紐をグイグイやったりする必要があるし、持ち手に紐を巻きつけて収納したりすると、多少もたつきます。

ボアでダイヤルをカチカチ回して締めたほうが、たぶん早い気がします。
(僕はボアのブーツを持ってないのでよくわからないけど)

紐を自分の腕力でギュウギュウ締めるタイプのブーツに比べれば楽だし、早いはずです。

あとは好みの問題ですね。

とにかく、新品のブーツを手に入れてテンションが上がってます。
早く滑りに行きたいですね!

また狭山かな?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スノーボードギア

Copyright© スノーボード上達日記 , 2020 All Rights Reserved.