スノーボード日記

ノルン水上のナイター、雪質は硬め

平昌オリンピック終わっちゃいましたね。

パラレル大回転男子、斯波正樹選手。
決勝には進めませんでしたが、魂の滑りを見させていただきました!
身長170cmで、出場選手中もっとも小柄ながら、日本男児としての気合いと気迫を感じる滑りでした!

でっけぇ外国人に、小柄な日本男児が挑んでいく姿をみると勇気をもらえます!

インタビューでは、1本目はラインが膨らんでしまい、スピードがつなぎきれなくタイムが伸びなかった、と悔やんでいました。
2本目はラインを絞ってタイトに攻めて、自分のいい滑りをできた、と言っていました。

次の北京オリンピックも目指して欲しいですね。

42歳のジェシージェイアンダーソンも出てましたね!
ハーフパイプ、スロープスタイル、ビックエアは、若い人たちが多いですが、アルペンボードのレースはベテラン勢が活躍しているのがうれしいですね。

 

ノルン水上スキー場のナイター

2018年2月27日(火)にノルン水上スキー場に行っていきました。
いつもは午前中から行くのですが、この日はナイタータイムをメインに滑ってきました。

 

15:30頃到着して、16:00から滑り出しました、人も少なくなってきてゴールデンタイムです。

雪質は、昼間の柔らかさからどんどん硬くなります。
日が暮れて、18時過ぎには、アイスバーンが完成します。

ノルン水上ナイター

多少硬くても、そんなに気にはならないのですが、この日はかなりカチカチに硬くなっていました。
その硬さに僕はビビってしまし、滑りが萎縮していました。

この前変えた、ビンディングのセッティングにもまだ馴染みません、後ろ足のブーツがやけに硬く感じるんですよね。

そのせいもあって、苦手なトゥサイド(フロントサイド)がさらにボロボロで、角付けがうまくいかずに、フラフラしていました。

アイスバーンはごまかしが効かないので、基本的な動きができていないと、まともに滑ることができません。
そういう意味でアイスバーンは基本動作の練習をするにはいいかもしれませんね。

でも、うまく滑れないとテンションも下がって、やる気もなくなってきます。

 

スノーボードをやるうえでテンションは大事

上手く滑れなくても、テンションが上がってくると、急に乗れるようになります。
気持ちが身体の機能を引き出してくれるような感覚です。

でも、逆に、テンションが下がると、身体が萎縮し滑りもボロボロになってしまう。

この日は、テンションもうまく上がらず、滑りもずっとイマイチでした。

スノーボードは自然の中で楽しむスポーツなので、いろんな状況があります。
ピーカンで最高の雪質の時もあれば、吹雪で寒い時もあるし、雨の日や、アイズバーンの日、人が多くて混雑している日もあります。

週一回ぐらいしか滑りにいけない社会人ボーダーは、いい日ばかりを選ぶことはできない。
どんな状況でも、ある程度の滑りを引き出せるメンタルの強さも欲しいですね。

Dコースの最後にあるキッカー
ダブルコークフォーティーフォーティを決めている人はいなかった。

ノルン水上スキー場、キッカー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スノーボード日記

Copyright© スノーボード上達日記 , 2020 All Rights Reserved.