スノーボード日記

雨の日のスノーボード、テンションを上げて滑って来た、ノルン水上スキー場

こんにちは!
突然ですが質問です。
楽しみにしていたスノーボードに行って、ゲレンデに着いたら雨が降ってきた、テンション下がりますか?

僕は下がります。

やっぱり雨が降ってると、テンション下がりますよね。

でも、それはしょうがないです。
だって、スノーボードは自然の中で楽しむスポーツだから。

平昌オリンピックでも、雪が降ってねーとか、強風のためにスロープスタイル女子の予選が中止になって、全員決勝での一発勝負になったが、その決勝も強風で転倒者続出という事態になりました。
オリンピックだから、もっといい日にやれば良かったっていう、意見もありますよね。
しかし、自然の中でやるスポーツだから、いい日ばっかり、ってわけにはいかないですよね。

ということで、僕は雨の中、スノーボードを楽しんできました。

今シーズン初の雨の日

2018年3月5日(月)にノルン水上スキー場に行ってきました。
天気予報では、午前中は曇りで、お昼過ぎぐらいから雨の予報でした。

この日僕は、ノルン水上に向かうべく、8:30ごろに関越道の花園インターに入りました。
運が良ければ夕方ぐらいまで雨が降らないかも、という希望的観測をもっていたのですが。
無情にも、沼田インターあたりから雨が降ってきました。

「うわ〜もう降ってきた〜、午後からのはずなのに〜」
と、この時点でテンションは、だだ下がりです。

「いや、水上まで行けば止んでいるかも」
と期待しましたが、水上についても、普通に雨が降ってました。

せっかく、ノルン水上まで来たんだし、しょうがねー雨の中滑るしかねー!と腹をくくって、フリースタイルボードで出動しました。

雨の日のノルン水上

写真もボケてますね、雨で湿気が多いせいかもしれません(^ ^)

moss キング

思い返せば、今シーズン、ノルン水上に来るのは、かれこれ12回目です。
晴天率70%というだけのことはあって、晴れの日が多く、雪の日も何回かありましたが、雨の日はこの日が初めてです。

 

雨の日でも、雪がやわらかくて楽しくなる

雨が降っていたのでテンションも下がっていましたが、滑り出したら楽しくなってきました。
なぜかというと、気温が高いので、バーンの状態は春スキーモードのシャバシャバ雪だったから。
僕はけっこう、こういう雪質好きなんですよね、雪が柔らかいとコケても痛くないし。

それに、前回のノルン水上が、カチカチのアイスバーンで、腰の引けた滑りしかできなかったので。
それを挽回するかのごとく、攻めの滑りをしてきました。
雪が柔らかい時しか攻められないのは情けないですけど・・

下がっていたテンションも高くなってきました。

雨で人も少なく、雪も柔らかい、こんなときこそ、フェイキーの練習をします。
僕のフェイキーは超初心者のような滑りなんですが、フェイキーをやることで、改めてターンの基本を練習できます。

 

悪条件を経験しておく事で、メンタルが強くなる

午前中は、雨が止んでいる時間もありましたが、午後は本格的に雨でした。

雨の日のノルン水上

上部もガスってましたが、僕は怯まずに18:00ごろまで滑りました。

最初は濡れるからヤダな〜と思っていましたが。
途中から、気にならなくなってきましたね。

人間は環境に慣れることができるんです。
灼熱の太陽の元でも暮らせるし、エスキモーのように極寒の地でも暮れせる、そうやって人間は世界中に移動し、文明を築いてきた。

だから、スノーボードに行った時に雨が降ってたぐらいなんかは、大したことない。

それに悪条件を経験し、それに慣れておくことで、次に雨が降っても大したことはないと思えるはずです。

人間はいろんな経験を積むことでメンタルが強くなりますからね。

でも、やっぱり次は晴れてる方がいいな〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スノーボード日記

Copyright© スノーボード上達日記 , 2020 All Rights Reserved.