スノーボードギア

アルペンボード用のビンディング、F2 RACE TITANIUM(レースチタニウム)を買いました!

僕はもともとHEADのビンディングを使っていました。
でも、アルペンをやる人が減少しているためか、HEADはアルペンボード用のギアから撤退し、ビンディグンもブーツも今では作られていません。

headアルペン用ビンディング

そのため、ほぼ同じ!? F2のビンディングを買いました。

 

アルペン用のビンディングは、滑っている最中に折れることがある

HEADのビンディングもまだ使えます、どこも壊れていません、普通に使えます。
でも、買ってからだいぶ年数が経っているので、今回新しくF2のビンディングを買いました。

なぜ、まだHEADのビンディングが使えるのに、F2のを買ったかというと、怖かったからです。

スノーボードのギアは消耗品です、年数が経てば経年劣化して壊れる確率が高くなります。
これはアルペンあるあるだと思うのですが、アルペン用のビンディングは、滑っている最中に金具がバキッ!と折れることがあります!

怖いですよ〜、気持ちよくカービングを決めているときに、急にバキッ!とビンディングがぶっ壊れて、ブーツが外れてしまうんですよ!

僕は一回経験したことがあります。
滑っている最中に、前足の感覚がおかしいな〜と思った瞬間に転倒してしまいました。
幸い怪我はなかったのですが、よく見ると前足のブーツが完全にビンディングから外れていました。
ビンディングの金具の部分が折れていたんです。ビビりましたね。

これが折れたパーツです。

折れたhaedのビンディング

その後、折れたところのパーツを交換して使っていました。

あれから、もうかなりの年数が経っています、金属疲労もかなり溜まっているはずです、そろそろ折れてもおかしくない頃です。
それに、今シーズンから久しぶりに、スノーボードを始めたので、ビビりながら滑るのだったら、新しいのを買おうと思って、F2のビンディングを買ったのです。

アルペンボードを始めるとき、ビンディングだけは新品を買った方がいい

これからアルペンボードを始める人に、僕からのメッセージです。
アルペンボードの一式を揃えるとなると、かなりの金額になります。
始めは中古で一式を揃えるのもありです、アルペンボードとバードブーツは中古でもOKです。
でも、ビンディングは新品を買った方がいいです。
ビンディングは前の人がどれだけ使って、どれだけ金属疲労が溜まってるかわからないですし、滑ってる途中に折れると、怖いですから。

 

F2 RACE TITANIUM(レースチタニウム)開封の儀

こんな感じの箱に入っています!
ドラマ「陸王」のライバル会社アトランティスの「R2」じゃなくて「F2」です(^ ^)

f2ビンディング

開けると、プチプチで包装されいます。

f2racetitanium

プチプチを外してみると、こんな感じです。

f2ビンディングracetitanium

黄色い袋の中には、トゥーorヒール、アップ用のパーツが1組み入ってました。

f2ビンディング、トゥorヒールアップパーツ

でも、1組みなんで、トゥーかヒールかのどっちかにしか取り付けられないですね。
通常は後ろ足のヒールをアップすれば、膝が曲がるようになって、関節の可動域が増えます、
そのためボードの上で動ける範囲が広くなります。

でも、僕はユニカントを使っているので、これは今の所使わないです。

あと、これはなんだろう?

f2ビンディング、パーツ

と思ったのですが、裏に取り付けるゴムみたいですね。

f2ビンディング、racetitanium

説明書は意外と分厚い、セッティングの目安などが買いてあります。

f2ビンディング、説明書

あらかじめカントが入っていました。
たぶん3度のカントだと思います。

f2ビンディングracetitaniumカント

カントはビンディングの角度を変えて、足のパワーを伝えやすい位置にセッティングするパーツです。
でも僕はユニカントを使っているので、外していきます。

このタイプのビンディングは、この部分のネジを回していくと、前後の位置を変えることができます。

f2ビンディング調整

一番奥まで下げていくと、隠れていたネジが現れます。
このネジを外すと分解できます。

f2ビンディング、レースチタニウム

全部分解してみました。

f2ビンディング、racetitanium

こっちがチタンで、

f2ビンディング、racetitanium

こっちはプラスチックですね。

f2ビンディング、racetitanium

そしてふたたび組み立てる。

f2ビンディングracetitanium

このF2のビンディングは、いままで使っていたHEADのビンディングとほぼ同じ構造なので、違和感はあんまりないです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スノーボードギア

Copyright© スノーボード上達日記 , 2020 All Rights Reserved.