スノーボード日記

【スノーボード】体力がない人はロングランよりも、短いコースの方が楽しい。

2021年も3月になりましたが。
ちょっと前の2月後半に、またノルン水上スキー場に行ってきました。
20-21シーズンの2回目の滑走になります。

この日の目的は、前回よりも快適に、そしてより長い時間、スノーボードを楽しむということです。
前回の記事はこちらです。

2021シーズン初滑り、ノルン水上スキー場、Eコース
40代スノーボーダー、1日何本滑れるのか。リフトに乗る回数を数えました。

目次1 20-21シーズン、ノルン水上スキー場で初滑りをしてきました2 40代スノーボーダー、1日何本滑れるのか2.1 最初の1本。2.2 2本目、3本目も緩斜面のDコース。2.3 4〜7本目は、少し ...

続きを見る

前回はシーズン初滑りということもあって、合計で12本しか滑れなかった。
12本といっても、まともに滑れたのは最初の方だけで、後半は体力がもたずに、グダグダな滑りしかできなかった。
しかも、5時間券を買ったのに、3時間しか滑れなかった。

今回は前回よりも「たくさん滑って楽しむ」というのが最大の目標であり、
その為の作戦も考えてきました。
それは「短いコースを何回も滑る」というものです。

前回、滑って思ったのは、長いコースは疲れるということです。

ノルン水上スキー場のメインコースと思われる、DコースとEコースは、クワッドリフトを乗って一番上から滑ると、全長は1000mぐらいあります。
けっこう長いです、上から下まで休憩なしで滑ると、すげー疲れます。
40代のスノーボーダーに1000mはきつい。
なので前回は、コースの途中で休みながら滑っていました。

このことから、長いコースは疲れるので、短いコースならもっと楽だろう、という当たり前のことに気がつきました。

なので今回は、短いコースをひたすら滑ることにしました。
滑るコースは、Dコースの下部とEコースの下部です。

この第2リフトに乗れば、Dコースの下部とEコースの下部をひたすら滑ることができます。

ノルン水上スキー場、第2リフト

この日も5時間券を購入していざスタート!

やはり短いコースなので、1本あたりの疲れ具合が少ないです。
ガンガン回せそうな感じです。

この日は暖かい日だったので、雪が柔らかかった、ボードの前に乗ってしまうと刺さってしまう感じです。
なので後ろ足荷重のいい練習になりました。

最初の1時間で10本ぐらい滑りました。

ここで疲れたの休憩。

休憩の後は、1回ぐらいノルンスキー場の一番上まで行こうと思って、第1リフトにのって一番上まで行きました。

ノン水上スキー場、頂上からの写真。

天気がいいと、遠くの景色まで見えて、気持ちいいですね。
景色を楽しむのもスキー場の醍醐味です。

景色を堪能したので下まで滑ります。
やはり下まで滑ってくると、かなり太ももがきつい。
ロングコースが疲れるということを改めて認識しました。

その後は作戦通り、短いコースである、Dコースの下部とEコースの下部をひたすら滑る。
途中、休憩をしながら、ひたすら短いコースを滑る。
後ろ足荷重を意識して滑る。

シーズン2回目ということもあり、体もスノーボードに慣れてきたようだ。
前回のようにグダグダにならず、最後までしっかり滑ることができました。

この日は、頂上からのロングコース1本、短いコース23本。
という結果になりました。

前回に比べて、疲れを気にせず、楽しく滑ることができたと思う。

ロングコースよりも、短いコースをひたすら回してる方が自分的には楽しいですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シュン

【スノーボード歴18年】アルペン、フリースタイル両方やります! 【柔道整復師】スノーボードに活かせるトレーニング、ストレッチ、体のケアのやり方をお伝えします。

-スノーボード日記

Copyright© スノーボード上達日記 , 2021 All Rights Reserved.