スノーボード日記

21-22シーズンは早割チケットを買いました。シーズン券と早割チケットどっちがいい?

これまではシーズン券を買っていた

21-22シーズン、すでにオープンしているスキー場もあります。
我らが狭山スキー場もリニューアルして、オープンしたようです。
機会があれば行きたいですね。

スキー場で滑るには当然ですが、リフト券が必要です。
リフト券は当日にスキー場で買うのが一般的だと思いますが。
シーズン中に何回も滑りに行く人は、いかにリフト券を安く買うかが、最重要課題です!

そこで、選択肢にあがってくるのが、
「シーズン券を買うか」or「早割チケットを買うか」だと思います。

私の場合はシーズン券を買って、そのスキー場にばかり行くスタイルでした。
シーズン券なら、そのスキー場限定にはなりますが、何回行ってもOKです!

ここ数年で買ったシーズン券は、

17-18シーズン、ノルン水上スキー場
18-19シーズン、ホワイトワールド尾瀬岩鞍
19-20シーズン、ホワイトワールド尾瀬岩鞍

という感じで、毎シーズン20回ぐらいは滑っていました。

しかし、20-21シーズンはシーズン券を買わなかった。
なぜか?

それは世の中がパンデミックになったからです。

昨シーズン(20-21シーズン)は、シーズン券も早割チケットも買わなかった

昨シーズン中も、緊急事態宣言とかやって、不要不急の外出するなとか言ってたし。
私の気分的にもテンションが下がっていたので、20-21シーズンはシーズン券も早割チケットも買わずにいました。
それでも、やっぱりスキー場に行きたくなり、ノルン水上スキー場2回、オグナほたかスキー場3回、と計5回ほど、滑りに行きました。
それぞれ当日券を買いました。
いやー、やっぱり当日券を買うと、高いなーと思っちゃいますね。

今シーズン(21-22シーズン)は早割チケットを買いました

今年の冬も、感染状況がどうなるかわかりません。だけど滑りにも行きたい!
そしてリフト券は安く抑えたい。
そう考えた末に出した結論が、早割チケットを何枚か買っておく!ということです。

ということで、早割チケットを買って、それが届きました。

21-22シーズン、早割チケット

ウィンタープラスというサイトで買いました。
https://www.winterplus.jp

買った内訳は、

丸沼高原スキー場    3,500円  3枚
オグナほたかスキー場  3,000円  2枚
ノルン水上スキー場   3,200円  2枚
奥利根スノーパーク   2,800円  1枚

の計8枚です。
合計金額は25,700円になりました。
あと送料が520円かかりました。

これ以上行くなら、どこかのシーズン券を買った方が得だと思う。

とりあえず今シーズンは8回は滑りに行く予定です。
12月の後半ぐらいに丸沼に行き、その後は気分と天気次第で、どこかに行く。

あと岩鞍も一回ぐらい行きたいんですよね。

シーズン券だと、そのスキー場だけですが、早割チケットで何箇所か買っておけば、その日の気分で滑りに行くスキー場を変えられるから、いいかもしれない。

シーズン券と早割チケットどっちにするか

・シーズン中、ホームゲレンデでハードに滑り倒す(例えば20回以上とか)ならシーズン券。

・10回未満ぐらいで、いろんなところに滑りに行きたいなら、早割チケット。

・とりあえずホームゲレンデのシーズン券を買い、別に行きたいところのスキー場の早割チケットも買う、混合パターン。

そんな感じですかね。
あとは、去年や今年みたいに世間が大混乱する場合は、状況を踏まえて、柔軟に対応していくしかないですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シュン

【スノーボード歴18年】アルペン、フリースタイル両方やります! 【柔道整復師】スノーボードに活かせるトレーニング、ストレッチ、体のケアのやり方をお伝えします。

-スノーボード日記