トレーニング

パワーアップするためにスクワットをやっています。

投稿日:

パワー!!
パワー!!
圧倒的パワー!!

が欲しい・・

と思って筋トレをやっているわけですが、スノーボードをやる上で一番必要なのは、脚力だと思います。
やっぱり細い脚では、アグレッシブな滑りはできないです。

太い脚にするためには、スクワットが効果的ですね!

スクワットで鍛えられる主な部位は、大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングスです。
人体の筋肉でも、最大級の筋肉ばかりですね。
これらの筋肉を鍛え上げれば、圧倒的なパワーを得ることが可能です!

僕は今年の4月から筋トレを開始して、もうすぐ5ヶ月ぐらいです。
スクワットは週一回やっています。

一口にスクワットといっても、いろいろなやり方があるようです。
同じ重量でも、しゃがみ込む深さで、筋肉にかかる負荷が変わってきます。
僕は、トレーニングを始めるまで、ハーフスクワットとフルスクワットぐらいしか知りませんでしたが、もっと種類があります。

・フルボトムスクワット:一番深いスクワット、完全にしゃがみ込む。
・フルスクワット:太ももが床と平行よりも深くなるぐらい。
・パラレルスクワット:太ももが床と平行ぐらい。
・ハーフスクワット:太ももが床と平行になる前で止める。
・クォータースクワット:ハーフよりも浅いぐらいで止める。

スクワットの深さは5段階あるようですね、このなかで僕がやっているスクワットは太ももが床と平行になるぐらいの深さです、パラレルスクワットですね。

トレーニングを始めた4月ごろは、バーベルの重量45kgでパラレルスクワット8回ぐらいが限界でした。
ちなみに、その頃の僕の体重は56kgです。

その後、ちょっとづつ重量を増やしていき、8月の現在は、重量60kgでパラレルスクワット8回できるようになってきました。今の体重は59kgです。

パワーアップしている。
確かに、そう感じる。
いままで上げられなかった重量上げらるようになってきている。

最初の頃はスクワットをやると、息切れがひどく、気持ち悪い感じがありましたが、最近はあいかわらず息切れはしますが、気持ち悪さはあまりありません。
たぶん筋肉が強くなっているからだと思います。
筋力だけでなく、脚部の毛細血管が増えたり、エネルギーを作り出すミトコンドリアの数が増えている可能性があります。

最初の頃に比べると、脚力が上がっている感じがします。

でも、まてよ、数ヶ月筋トレやったことで、スクワットの動作が上手くなっただけなのかもしれない。
7月の初めにやった、筋肉の測定結果では、脚部の筋肉がちょっと減ってたし。

本当にパワーは上がっているのだろうか?
いや、上がっていると信じよう。
目に見えて、脚の筋肉が太くなっているわけではないが、何かが変わり始めているのはたしかだ。
がんばろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-トレーニング

Copyright© スノーボード上達日記 , 2019 All Rights Reserved.